サッカーで飯を食う!
『海外トライアル』特にヨーロッパトライアルチャレンジを念頭に起き、個人のキャリアに力を入れプレイすることを考える育成。
プロサッカー選手になる夢をサポートします。

English
Malaysia
サッカーで飯を食う

海外チャレンジ
“サッカーで飯が食いたいなら即行動”

弊社は現役プロサッカー選手の岩﨑陽平が代表務めるサッカークラブです。

海外30カ国以上をプロサッカー選手として活動、そこで得た豊富な海外コネクションを使い、

日本人サッカー選手の夢のサポートをアシストします。

海外のトライアウトクラブを100パーセント紹介。

『2018年7月、14人のトライアル生が参加し、9人がヨーロッパのクラブと契約を締結』

弊社では欧州でプロ契約を勝 ち取りたい選手の為にセレク ションを行っています。

2018年5月に名古屋、 6月に埼玉で行われたセレクションでは選考委員に他国で元代表監督もある

今井敏明氏と元Jリーガー で代表経験もある金勇成氏をゲ ストに迎え開催しました。

弊社セレクションを通じて多くの日本人サッカー選手が世界各国で

プロサッカー選手としての契約を結んでいます。

コネクション(下記他にもあります)

リトアニア / マルタ / クロアチア / ポルトガル / スペイン / ドイツ / セルビア /グルジア

ベラルーシ / ブラジル / ペルー / ギリシャ / ハンガリー / ポーランド / タイ / シンガポール

インドネシア / モルディブ / フィリピン / インド / バングラデシュ / 香港 / 韓国 / パラグアイ

ボリビア / オーストラリア / キプロス / マレーシア …

ニュース
2022.11.25
スピード・思考力・インテンシティの差を埋めろ

こんにちは。マイケルです。   前回のブログでは、中学生が、社会人と一緒にトレーニングをする意味について、主にメンタルの部分からお伝えしました。   今回は、技術の面でお話です。 弊社の中学生選手は、フットサルトレーニングも社会人選手と共に取り組んでいます。   フットサルでは、サッカーと比較して相手との距離が非常に近いことから、   1)プレー 2)思考   の2つの面で「スピード」がより要求されます。   当然ながらこの両面で、中学生選手は社会人選手に比べて、未熟な点があります。従って、一緒にボールトレーニングをしていても、勝てるわけではありません。   しかし、それは逆にいうと「伸びしろだらけ」の選手に社会人選手という高いレベルの刺激 を与えることになるのです。   コーチから「遅い!」と指摘されるよりも   「こんなに早いんだ!」という驚き 「ここまで早くできるんだ!」という実感   を身をもって知ること。 これが、中学生選手の成長を促していきます。   足元のスキルについても然り。   テクニックというのは、繰り返すことで向上する側面もあるので、ただひたすら地道に取り組むことも、確かに有効ではあります。   しかし、同じレベルの選手と練習するよりも、明らかに今の自分より高いレベルの中に身を置いて練習することで、上達のスピードが変わってきます。   インテンシティについても同様。   中学生と社会人では、明らかな差があります。   でも、格上の相手に向かって立ち向かうこと、ぶつかっていく経験を積むことで、自分の感覚を掴んでいくことが大切なのです。   中学生・高校生というのは、身体が大きく変化する時期でもあり、自分の感覚をつくるのが難しい時期。だからこそ、無限の可能性を秘めた時期でもあります。   この時期に、   ・いかに成長スピードを速くしていくのか ・いかに成長角度をあげていくのか   重要なことではありますが、選手自身がこれらを意識するのは難しいところ。   だからV.M.E.Cでは、中学生が意識せずとも、成長スピード・角度を上げていけるように、中学生と社会人が一緒にトレーニングをしているのです。    

詳しく見る ▶︎
2022.11.18
中学生が、社会人と一緒にトレーニングをする意味

こんにちは。マイケルです。   今回は、タイトルの通り「中学生が、社会人と一緒にトレーニングをする意味」についてのお話。3回に分けてお伝えしていく予定です。   先日、弊社スクールのInstagramでもご報告したのですが、スクールに所属する中学生が、サッカーの名門静岡学園高等学校の練習に参加してきました。   参加した選手は、中学3年生。 参加した練習は、高校生Bチーム。   この頃の1学年差は、大きいです。   特に、今回練習参加した選手は、体格に恵まれているという選手ではなかったので、傍から見ていても、体格差は歴然。プレーする本人にも恐怖心があるのではと、少し心配でした。   でも   結果、その心配は杞憂に終わりました。   練習を終えたその選手の感想は   「自分で思っていた以上にいけた」   というものでした。   もちろん、自分の課題を強く痛感するという部分もあったのですが(課題の詳細は、彼自身の課題なので、ここでは割愛します)   何より、決して身体が大きくない彼が、Bチームとは言え強豪校の高校生相手に、手応えを感じられた   という事実が、とても重要なポイントです。   では、彼がどうして高校生相手にひるまずに、果敢にプレーができたのか?   その答は、V.M.E.Cの環境にあります。   彼は中学生ですが、普段から弊社の社会人チームに所属する選手と共に、トレーニングをしています。   はっきり言ってこれは、「これから強くなりたい選手」にとっては、大きなアドバンテージです。   人は、周りの環境に影響されます。 意識していなくても、絶対に影響を受けるんです。   つまり、いつも自分以上のレベルの選手に囲まれていると 自分のレベルも引っ張られて、どんどんレベルが上がっていくのです。       傍から見て明らかに体格差のある選手と共にプレーして   「いける」   と思えること。   これは、どんなにお金を積んでも、得られることではありません。   経験を積んで、周りのレベルの高い選手から刺激を受けて。何より、1年後3年後の自分をリアルに想像できるロールモデルを持つことで、やっと得られるものなのです。   1年半前の彼を思い出すと、今とは別人です。   身体も、顔つきも、考え方も。 もちろんプレーも。   うまくなりたいなら環境は大事だと、改めて感じたできごとでした。   今回は、彼が社会人とトレーニングをすることで得られたことを、主にメンタル部分でお伝えしましたが、次回は、技術的な部分でお話していきます。    

詳しく見る ▶︎
2022.11.11
お金は無くても、海外でチャンスは掴める

こんにちは。 V.M.E.C代表、岩崎です。     幣クラブは、約40ヵ国のサッカー界と繋がりを持っており 今月は、ポルトガルやスペインやアフリカなど 目まぐるしく移動していて、体内時計が狂いまくっています。   今月から、海外クラブの移籍シーズンに合わせて 日本国内では、海外チャレンジプロジェクトの新規生の募集が始まるので、 その件について、少し掘り下げて書きます。   誤解を生むかもしれませんが、 敢えてはっきり言います。   今は、お金さえ払えば、海外でプレーするための 第一歩を踏み出せる時代です。   選手の海外でプレーしてみたい   という気持ちを応援してくれる会社は、いくつもあります。   でも   その「お金」は、どこから来ているのでしょう?       「あとはキミの覚悟だけ」   これが、今年の幣クラブの海外チャレンジプロジェクトのキャッチフレーズ。   弊クラブが選手に「覚悟」を求めるのは、この部分です。   海外でプレーすることに興味を持ち、 SNS等で積極的に自己アピールしたり セレクションに参加したり 語学の勉強に取り組んだり、 もちろん、トレーニングにも一生懸命励む   大事なことです。   でも、   自分で自己資金を調達しながら、トレーニングに励む覚悟が無ければ、 所詮は、他人のふんどしで相撲をとっているようなもの。   お金を言い訳にしない。 他人のお金によって作られた環境で、自分がチャンスを掴んだと思わない   幣クラブの海外チャレンジプロジェクトでは、ここら辺の覚悟を求められます。   チャンスは、自分で作るものです。 チャンスを掴むための資金も、自分で作ればいいのです。   でも、どうやって?   その答は、幣クラブの海外チャレンジプロジェクトにあります。   幣クラブはまだ、若いクラブです。 海外チャレンジプロジェクトは、2015年にスタートしたばかり。   しかし、覚悟を持って参加した選手達は皆、 それぞれの国で、誇りを持って次のステージへ上がるために 実績を残しています。   お金は無くても、チャンスは掴めます。   興味のある方はぜひ、幣クラブの海外チャレンジプロジェクトのページから 問合せしてみてください。

詳しく見る ▶︎
Instagram
家田クリニック Od CO.LTD 武田創業 FUTBOLEIRA ALEX GYM メディカルサポートMIE Rice Concept
©︎2018 V.M.E.C. All Rights Reserved.